笛作り・その1


笛作り職人?さんの存在は何年も前から知人から聞いたりHP上で見たりしてして気にはなっておりましたが、なかなか機会が無く見学は実現できませんでした。 しかし急に思い立って電話をかけ見学をお願いすると、快く応じてくださったのでその時の報告を致します。

切断

材料は広島名物?盆とうろうの竹です、これをいい長さに切ります。
端っこの色紙が物語っています。

穴の位置決め

ここがミソ!その1
どこに穴を開けるかは大きな問題です、作者には長年の経験によって「ここ!」という場所を竹が教えてくれるそうです。 また穴の間隔も笛作りにとって重要なポイントです、これまた長年の経験で「何センチ何ミリ」まで決まっています。

まな板の上の竹

細いキリで下穴を開けた竹を固定し、本格的な穴開け作業に入ります。 最初から強引に行くと竹が割れてしまうそうです。

竹用のドリルで下穴開け

まずは竹用のドリルで1サイズ小さい穴を開けます

ドリルの先を変えて

ここがミソ!その2
電動ドリルの先端を「ヤスリ」状の物に変え摩擦熱で焼いて燃やして本穴を開けます。

燃えています

その証拠に煙が出て黒く変色しています。


一覧へ次のページへ