2005年 とんど


これから始まり竹運び骨組

正月行事の締めくくりである「とんど」が今年も行われました。
小学校のグラウンドへ設置する金具が準備されていて、そこへ近所の竹やぶから人力で竹を運び、決められた長さに切断して基本となる形を作ります。 次に色々な燃える材料を中に入れ、周りからも竹を立てかけます。
その他に奥さん方がぜんざいや豚汁の準備をされています、また餅を焼くための細い竹の準備も有り、地域行事とはいえ当番の方は大変です。

完成点火準備いよいよ!

午前中に完成した「とんど」です、しめ飾りや書初めもちゃんと取り付けてあって、いつでも点火OKの状態です。  年男年女が点火するのが恒例です、火の付いたトーチを手に準備し一斉に点火されます。
点火直後は勢い良く燃え上がり煙がモクモクと上がります。

よく燃えます火遊びは危ないよオッサンのお楽しみ

燃え始めは竹の弾ける爆音が響き煙や炎の勢いが強すぎて近寄れません、ある程度骨格が燃え落ちてから餅焼きが始まります。  チビッ子は怖い物見たさで近寄って遊んでいます、年寄りが「火遊びをすると寝小便が出るで〜」と昔はたしなめていましたが、今頃はそんな言葉も聞かれません。
オッサン連中の楽しみは竹で沸かした酒です、こんな機会にしか口に出来ないのでワシもちょっと味見?をしました。 ウマイかマズイか?良く分かりませんでした。


一覧へ