神楽


この町の秋祭りに欠かせないのが「神楽」です、元々神楽が盛んな土地柄だったんですが、近年「神楽ブーム」となり更に盛り上がっています、地元の人以外にも神楽に魅せられ町外から移り住んで神楽団に入り活動している人もいらっしゃるようです。

ここで使っている写真は全て友人のkondouさんの撮影です。 この場を借りまして御礼申し上げます。

正義の味方

詳しい事はネットなどで検索して頂くとして、簡単に説明しますと神話を題材としていて、悪者と正義の味方とが登場し最後には正義の味方が勝つ!というドラマの水戸黄門的な流れがお決まりです。

この写真は正義の味方役で、通称「神(しん)」と呼ばれます。

悪者

この写真は悪者です。 見ているものとしてはドラマと一緒で悪いヤツは目一杯悪くなければ面白くありません、その為面の下にも鬼の顔が有るんじゃないか?と思わせるくらい恐ろしそうな所作が必要になります、上手な人だったら頭の振り方から手の仕草まで「いびせ〜〜(怖い)です」

合戦

神楽の見せ場「合戦」
序盤はややゆっくり目の舞ですが、最後の山である合戦になると、きらびやかな衣装の早変わりを交えながら激しく舞われます。  ひらっと広がっているのは、糸を抜くとパラッと落ちるように細工された衣装の一部です。
この合戦で正義の味方が勝ち悪は滅びる、めでたしめでたし!あら嬉やの〜!で終わるのであります。

昔は夜通し舞われるのが普通でしたが、最近は近代化の波の影響を受けたり競演大会の影響も有ったりで、早く始めて早く終わる所も多くなりました、酔っ払って見に行って寝ながら見物するのも祭りらしくて楽しいもんです。


一覧へ